<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

東アジア選手権・・・。

久しぶりの日本代表ネタです。

俺は今、非常に憤っています!!

2月16日に開幕したサッカー東アジア選手権ですが・・・、
日本は次回大会から出場を辞退するべきでは?と思い始めました。

今大会の審判団は出場4カ国の中から選ばれています。
つまり、審判はその試合結果が自分の国にに有利なものになるようにジャッジ
できてしまうということなのです。

はっきり言って話になりません。

このような大会の審判団は第三国から選出するのが常識です。
にも関わらず、このようなレギュレーションで大会を開催する時点で
東アジアサッカー連盟は存在する意味がありません。

実際、先日の中国戦で北朝鮮のレフェリーの不可解なジャッジは試合の結果
だけではなく、選手生命までも脅かすものでした。

試合中に熱くなるのは仕方ありません。
勝つために厳しいタックルを仕掛けるのも仕方ありません。
フィジカルの強い中国の選手が、日本に勝つために激しいボディコンタクトを
仕掛けてくるのも理解できます。

しかし、あの試合では中国の選手が仕掛ける危険なタックルを流しながら、
日本の選手がプレスをかけるとすぐにファールを取るといった、中国寄りの
ジャッジングが顕著に見られました。

その結果、日本の選手は後からの反則タックルにも、GKのカンフーキックにも
耐えなければならない状況になりました。
そりゃあ怪我人もでますよ・・・。

中国が憎いと言っているわけではありません。

あのようなジャッジによって中国の選手も勘違いしてしまう部分があります。
同じようなプレーをワールドカップでやったら2~3人の退場者が出るはずです。
それをコントロールするのがレフェリーの役割なのです!!

2人も3人も退場者を出すチームが試合に勝てるはずがありません。

東アジア諸国には日本に対する敵対意識が未だに残っていることは
理解しています。
しかし、今大会の目的は東アジアのサッカーのレベルアップのはずです。
あのようなジャッジが許されているようではレベルアップなど見込めるわけがありません、

2004年アジアカップでは反日感情による容赦の無いブーイングが日本代表を
襲いました。あの時は正直中国という国を軽蔑しました。

しかし、憎悪によるブーイングはサッカーの世界では日常茶飯事です。
W杯予選のアウェーゲームではあのくらいのブーイングは当然だと思います。
多少マナー違反だとしても、サッカーの国際試合は武器を持たない戦争ですからね。
勝つためには何でもする必要があります。

それでも、今大会の審判団の編成には納得できません!!

J開幕前の大切な時期にチームのキャンプを離れて代表に合流し、怪我をして
戻ってきたという不幸な選手が続出するようでは話になりません。

あの中国戦のジャッジではサッカーを衰退させるだけです。
W杯予選が厳しくなるのはイヤですが、東アジアにライバルが多く存在することは
日本にとってプラスになるはずです。

日本がレベルアップすれば韓国もレベルアップします。
韓国がレベルアップすれば日本もレベルアップします。

その様なライバル相手の腕試しが東アジア選手権の意義です。
不可解なジャッジでそれをぶち壊して欲しくないのです。

韓国も、中国も、北朝鮮も、日本を意識しまくりだと思います。
日本も韓国、中国、北朝鮮を意識しています。
そのようなライバルだからこそ、正々堂々と戦う必要があるはずです。

それが無理なら最初からこの大会に参加するべきでは無いと思います・・・。
[PR]

  by snct1997 | 2008-02-23 02:32 | サッカー

延岡キャンプにおける不祥事について。

ベガルタ仙台の一部の選手がキャンプ地で一般市民の車を
損傷したというニュースが最近話題になっています。

ベガルタ仙台のサポーターの一人として、宮崎県民の皆様に
お詫び申し上げたいと思います。

このニュースを聞いて、我々サポーターも大変憤慨しております。
中には不祥事を起こした選手の解雇や監督、社長の辞任を要求する
過激な声も上がっています。

今回の処分に関して、俺も言いたいことはたくさんあります。
実際、処分が軽いという声は非常に多いけど、重いという声は皆無に
等しいといった状況です。

でも、これだけは声を大にして言いたい。

ベガルタは俺達の誇りです。

今年のベガルタは相手チームの他に、この不祥事という大きな敵と
戦わなければいけません。
不祥事を起こした選手だけではなく、ベガルタ仙台というチーム全体に
対する風当たりが強くなるのは目に見えています。

それでも、俺達サポーターはベガルタ仙台のサポーターであるということに
誇りを持ち続けなければいけません。
こんな時期だからこそ、サポーターが必要なんだと思います。

スタジアムでは大きなブーイングを浴びることでしょう。
心無い野次を飛ばされることもあるでしょう。
ならば、俺達も一緒にそれを受け止めてやります。

だからこそ、この事件を無駄にしないで欲しい。
ベガルタ仙台には、どんなことがあっても離れられないサポーターがいるのだから。
[PR]

  by snct1997 | 2008-02-15 02:26 | ベガサポな日々

久しぶりの泥酔活動報告!! in 新橋

最近、ずっとベガルタネタが続いたので、
今日は久しぶりの泥酔活動報告です!!

今回の会場は、

なまはげ新橋店

秋田の郷土料理のお店です!!

両親の実家が秋田で、小さい頃に住んでいたこともある
俺様にとっては堪らないチョイスでした。(笑)

久しぶりにハタハタ喰いました!!
他にもきりたんぽ、じゅんさい、いぶりがっこ、稲庭うどん・・・。

マジでうめがっだ~!!

こんなメニュー出されて、酒が進まないはずがありません!!
俺達のテーブルでは凄まじい量の日本酒が消化されました。(笑)

ちなみにこの店、「なまはげショー」もやってます。
「悪い子はいねぇがぁ~」なんて叫びながら各テーブルを回るわけですが・・・、
俺達のテーブルに来た鬼達は大量の日本酒を飲まされて帰っていきました。(笑)

って言うか、家を回って御祓いをして、そのお礼に酒を振舞ってもらうのが
なまはげの基本でしょ?
つまり、俺達は基本に忠実なおもてなしをした訳です!!(笑)

まあ、なまはげに対して
「とりあえず座って飲めや!!」
だの、
「あぁ?俺の酒が飲めんのか?」
だの、
「根性見せろや、〇〇〇〇なまはげがっ!!」
なんて言うのはうちらだけだと思いますが・・・。(汗)

※〇〇〇〇の内容はWEB上で公開するのは大変不適切な表現なので伏せておきます・・・。

ちなみにこのなまはげさん達もなかなかの飲みっぷりでしたね。
なまはげの意地と誇りを賭けた酒飲みバトルと言ったとこでした。
隣のテーブルの女性グループは目を丸くしてましたよ、マジで。(笑)

って感じで終電過ぎても飲んでました。酔っ払って、銀座のど真ん中で
ベガサポの後輩とベガルタコールやってしまったのはご愛嬌ということで。(笑)

でも、次の日には全然残りませんでした。やっぱしうまい酒は違いますね!!

ここは休み前の日は4:00までやってるらしいです。
都内で飲んでて終電を逃した時の始発待ちにも使えそうです。

ホント良い店見つけたぜ!!
[PR]

  by snct1997 | 2008-02-11 02:26 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE