<   2007年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

日本代表祭り!!

日本 1-0 ベトナム

久しぶりの更新です。
最近超多忙につき更新をサボ・・・、休んでいました。(汗)
復帰第一発目はやはりサッカーネタです。

今日は日本代表祭りってことで、A代表がカメルーンと親善試合、
U-22がオリンピック最終予選ベトナム戦、U-17がU17W杯ナイジェリア戦が
ありました。

A代表は親善試合ってことで触れる必要もないでしょう。
U-17は0-3で負けたので書きません・・・。(涙)

というわけで、U-22のオリンピック最終予選初戦について語らせて頂きます。

まず、オリンピック最終予選のレギュレーションのおさらいです。
2次予選を勝ち抜いた12チームが4チームずつ3グループに分かれてホーム&アウェーの
総当りで競い、各グループの1位チームだけがオリンピック出場となります。

日本はグループCに組み込まれ、サウジアラビア、カタール、ベトナムと同じグループに
なりました。

グループ最弱と思われるベトナムとのホームゲームで1-0のスコアは物足りない
と思われるかもしれません。しかし、俺は別に良いと思います。勝ったのですから。

これが2次予選だったらボロクソに書いていたと思います。
しかし、今は最終予選です。結果を残せば内容なんてどうでもいい次元の戦いです。

俺はこの試合を見ていませんが、見ていたとしても内容について触れるつもりは
最初からありませんでした。

以前のBlogにも書きましたが、最終予選は内容なんて必要ありません。
見ていて楽しいサッカーもいりません。場合によってはサッカーをする必要もありません。
勝てば良いのです。どんな手を使ってでも。
人気も視聴率も取れるサッカーで勝てるならそれに越したことはありませんが、
そんな綺麗なサッカーで勝てるほどアジアは甘くありません。

これはアジアだけに言えることではありませんが、世界的に見てお世辞にもレベルが
高いとは言えない国が多いアジアだからこそ、相手は勝つために何でもやってきます。

残念ながら日本はブラジルでもアルゼンチンでもありません。
アジアの最終予選に出てくるチームを相手に華麗なサッカーで勝てるほどの実力は
まだ持ち合わせていません。だからこそ、アジアで勝つサッカーをする必要があります。

次はグループC最大の強敵サウジアラビアとのアウェーゲームです。
おそらく、この試合は日本にとって最も厳しい戦いになると思われます。
強敵、アウェー、灼熱地獄・・・。ネガティブな要素はたくさんあります。

しかし、この厳しさこそアジアの戦いです!!
U-22の若い選手達にとって、この戦いを勝ってこそ明るい未来があります!!

次の試合のテーマはズバリ、「現実主義」です。

例えば、同点やリードしている状況で残り時間20分になったらサッカーをする必要は
ありません。どんな手を使っても時間を消費させるべきです。

1点ビハインドでも無理をする必要はありません。前掛かりになってカウンターの
リスクを背負うくらいなら、セットプレー以外ではDFまでゴール前に上がるパワープレーは
必要ありません。その結果負けたとしても、サウジ相手のアウェーゲームでの1点差負け
なら致命傷ではないからです。

目的はサウジに勝つことではなく、オリンピック出場なのですからね。
[PR]

  by snct1997 | 2007-08-23 00:30 | サッカー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE