俺達の誇り!ベガルタ仙台!!

11月25日(日) 西京極陸上競技場

京都サンガ 1 - 0 ベガルタ仙台



我らがベガルタの2007年の挑戦が終わりました・・・。
西京極まで詰め掛けた3千人のベガルタ精鋭部隊でしたが、
後半ロスタイムのゴールに沈みました・・・。

悔しい・・・。

ホントに悔しい・・・。

試合終了のホイッスルと共に崩れ落ちる選手達・・・。

涙を流しながら俺達の元へ挨拶に来る選手達・・・。

挨拶が終わっても何度も申し訳無さそうに俺達の方を振り返る選手達・・・。

俺も涙を堪えるのに必死で、最後のベガルタコールに加わることが
出来ませんでした・・・。

J1昇格は夢と消えました。
しかし、今年のベガルタは本当に最高でした。
こんなに熱かったシーズンは今まで無かったと思います。

選手達は最後までプロとしての誇りを持って戦ってくれました。
監督、コーチ陣はたった1年でこんなに魅力的なサッカーを植え付けてくれました。
サポーターのみんなは最後までチームを信じて声を枯らして戦い続けてくれました。

俺達がここまで戦えたのは皆さんのおかげです。

本当にありがとうございました!!


俺達の2007年の挑戦は終わりました。
そして、この最高のチームも移籍などで来年の開幕戦までに違うチームに
変わっているかもしれません。それがこの世界の宿命。仕方ありません・・・。

しかし、1つだけ絶対に変わらないものがあります!!

ベガルタは
俺達の誇りです!!








西京極の死闘に敗れ、新幹線組のベガサポ仲間と別れ、一人になった俺は
西京極駅のホームでベガルタのタオルマフラーを外して伊丹空港へ向かいました。

その途中、京都サポーター達が誇らしげに紫のユニフォームを着ているのを見て、
俺達の誇りが肩身の狭い思いをしているようでなりませんでした。
そして、俺は一度しまったベガルタのタオルマフラーをもう一度巻きました。

ベガルタは最後まで立派に戦った!!

そんなベガルタを俺は誇りに思う!!

ならば、俺達の誇りと共に胸を張って帰ろう!!


という思いを込めて。




今はまだ上を向いて歩くことはできない・・・。

しかし、これだけは言える!!

ベガルタは
俺達の誇りです!!



この戦いは決して忘れない!!

この屈辱は決して忘れない!!

それでも、何度でも繰り返してやる!!

ベガルタは
俺達の誇りです!!



この先、どんなことがあろうとも、ベガルタ仙台がある限り
俺達はベガルタと共に戦います!!
[PR]

  by snct1997 | 2007-11-27 02:49 | ベガサポな日々

<< スタジアムに行きたい!! 西京極・上洛戦!! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE