子供の頃の遊び

今日の昼休みに子供の頃の遊びの話題で盛り上がりました。

うちらがよくやっていたのは・・・、

「源平」

って遊びです。知っている人いるかな・・・。
なんで「源平」と呼ばれていたかは知りません。(笑)

ドッジボールみたいな遊びで、ボールを人にぶつける遊びです。
ただ、ドッジボールと違ってチームとかはありません。コートもありません。

自分以外は全員敵です!(笑)

最初にボールを蹴り上げ、5回バウンドさせたらゲーム開始です。
ボールを持ったら誰でもいいので、近くにいる人にボールをぶつけます。
コートが無いので、至近距離から狙われることも珍しくありませんでした。

ただ、ボールを持って歩いていいのは5歩までで、ボールをぶつけられても
首から上と足の裏はセーフでした。
足の裏がセーフっていうのは、至近距離から投げられても蹴り返せるようにです。(笑)

で、5回ぶつけられた人は罰ゲームという凶悪なゲームでした。(笑)

その罰ゲームというのが「磔」でした。(笑)
直立の状態で両腕を広げ、十字架の様な形で後を向き、1人づつボールをぶつけます。
ただ、外したり、頭にぶつけたらペナルティってことで、罰ゲームを受けている人の前に
同じ体勢で立ち、ボールをぶつけられます。(笑)

このゲーム、開始はありますが、終了は誰かが5回ぶつけられるまでなので、
なかなか終わりません。当然、運動量もハンパじゃありません。
なので、終わる頃には全員がバテバテになります。(汗)

ちなみに俺がハマっていたのは、ボールを持っている人に後から近付き、
投げようとした瞬間に手でボールを払い落とすという、非常に危険なものでした。(笑)

成功したときのザマ~見ろ感は最高でした!!
失敗して至近距離から狙われる時の絶望感は最悪でした・・・。(笑)

子供の頃はこんな遊びを昼休みや放課後によくやってました。
ちなみに、こんなゲームを知っている人はうちの会社では他にいませんでした・・・。

知ってる人、いますよね?
うちの学校だけじゃないですよね?(笑)
[PR]

  by snct1997 | 2007-05-18 17:01 | その他

<< グダグダMode全開!! オリンピック予選 香港×日本 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE